やってのける 意志とは筋肉のようなものだ

なぜ目標が達成できないのか

挫折はあなたの資質のせいではない

人はなぜ目標を達成できないのだろうか。仕事や健康、人間関係、家計など、誰しも本気で取り組みたいと思うことが一つくらいはあるはずだし、それに挑戦もするのに、達成できることは少ない。このことに対して、原因は自分にあると考えている人も多いが、それは大きな間違いだ。

目標達成には、きわめて重要な概念がいくつか存在する。ここでは2つ紹介しよう。「目標を達成できるかどうかは、生まれつきの資質のみでは説明できない」と「目標を達成する能力は、誰でも高められる」である。

アメリカ政府のウェブサイトによると、多くのアメリカ人が新年の目標に「減量」と「禁煙」を挙げているそうだ。どちらも命に関わるため、モチベーションが高まりそうなものだが、それでも多くの人が失敗している。

挫折する理由としてよく挙げられるのが「意志の力」だ。これは一般的に、誘惑に打ち勝つために欠かせないものであり、生まれつきの資質であると考えられている。多くの人は、「世の中には意志の強い人と、弱い人がいる」と考え、挫折しがちなのは自分の生まれつきの資質のせいだと思い込んでいるのだ。

しかし意志力の正体は、一般に思われているようなものではない。心理学では意志の力を「自制心(セルフコントロール)」と呼ぶが、その正体は、おそらく皆さんが想像しているものとは異なっている。

自制心は筋肉のようなもの

誰だって自制心を持っている。しかしどんなに優れた人物でも、やるべきことが何なのかわかっているにもかかわらず、失敗をしてしまうのだ。オバマ大統領ですら、何度も禁煙に失敗している。

その理由は、自制心の強さが筋肉と同じように変化するからだ。自制心は個人差があるだけでなく、同じ人でも状況によって強くなったり弱くなったりするし、疲労することもある。スポーツクラブでエクササイズを終えた直後のように、何かを苦労してなし遂げた直後は、自制心をかなり消耗してしまっている。すると、他の目標達成が難しくなるのだ。そう考えると、オバマ大統領が禁煙に失敗してしまう理由も理解できるだろう。

自制心に関しては、他にもさまざまな事実が判明している。たとえば、報酬によってモチベーションを上げれば自制心の不足を一時的に補える場合があることや、定期的に自制心が求められる行動をとることで自制心を鍛えられるということなどだ。

【必読ポイント!】 さまざまな目標のタイプを知る

「なぜ」と「何」

目標を達成するには、達成すべき目標を明確に定めなければいけない。「どこか暖かいところに行きたいなあ」と夢想しているだけでは、南の島での休暇は実現しない。

目標を考えるときに重要な視点の一つは、「何」と「なぜ」の考え方の違いを知ることだ。たとえば「家のなかを掃除すること」は、「何」の視点から見れば「床に掃除機をかけること」であり、「なぜ」の視点から見れば「快適な住まいをつくること」である。「家賃を払うこと」は、「何」の視点から見れば「銀行に振込みをすること」だが、「なぜ」の視点から見れば「生活する場所を確保すること」だ。

抽象的な「なぜ」と具体的な「何」の違いは、動機付けにおいて一長一短である。だから、状況に応じて適切なほうを採用することが大切だ。

まず、抽象的な「なぜ」は、小さな行動を大きな意味や目的に結びつけられるため、意欲を向上させやすい。残業しなければならなくなったときは、「あと1時間、コンピューターに向かってキーを打つ」と考えるよりも、「このひと頑張りがキャリアアップに結びつく」と捉えたほうが、やる気が出やすいだろう。

一方、「何」を基準にすると、具体的な行動に意識が集中する。複雑で難しく、不慣れな目標に取り組むときや、具体的な行動に着手しなければならないときには、「何」に集中するとよい。

まとめると、やる気や自制心を高めたいときは、その行動の理由、「なぜ」を意識的に考えるのが効果的だ。難しい何かに挑むときは、いったん「大きな絵」は忘れ、目前のタスクである「何」に集中するとよい。

「決定論」と「成長論」

人間の資質を変えられないものと考えているかどうかは、目標設定に大きな影響を与える。心理学では、人が知能、性格、運動能力などの資質を「生まれつき決定していて高められるものではない」と考えている人を「決定論者」、「経験や学習を通して向上させられる」とみなしている人を「成長論者」という。

決定論者は、自分の能力の高さを証明しようとする。資質を高めることはできないのだから、現在の自分の能力が高くなくては困るのである。

一方、成長論者は、努力すれば能力を伸ばせると信じているので、現時点での自分の能力の証明にはこだわらない。挑戦して新たな技能を獲得しようとし、失敗してもそれをバネにしてチャレンジできる。

この傾向はパートナー選びにも現れる。決定論者は今の自分が完璧だと思ってくれる人を選び、衝突するとその関係から逃げたくなる。成長論者はお互いを高めてくれるような相手を選び、問題が生じても、それをチャンスだとみなすことができる。

すでに多くの研究によって、決定論は正しくないと指摘されている。これまで自分には絶対に向いていないと諦めていた分野があるなら、ぜひ考えを改めて、チャレンジしていただきたい。

「証明型」と「習得型」

目標には、自分の能力を証明することを重視する「証明型」と、自分を成長させることを重視する「習得型」がある。勉強でたとえるのであれば、成績といった目に見えるかたちで自分の能力を証明しようとするのが「証明型」、授業を通して知識を身につけようと深く学ぶのが「習得型」だ。

達成が容易な場合には、証明型の目標が効果的だ。やる気をアップさせ、高いパフォーマンスを発揮できる。しかし、ひとたびうまくいかなくなると、無力感に襲われ、簡単に諦めてしまうことになる。

習得型の目標を持っている人は、困難にあたってもそれを乗り越えて成長しようと努力を続ける。取り組みを続ければよい結果が得られると信じているし、成功の見込みが薄くても学びや成長は続けられると考えているからだ。

「獲得型」と「防御型」

目標のフォーカス(焦点)には、「獲得型」と「防御型」という分類もある。獲得型は手に入れるものに注目するのに対して、防御型は損をしないことを重視する。

この違いを、医学部への進学を目指す学生で表現してみよう。学生の多くは、医者になることを夢みているタイプ(獲得型:獲得へのフォーカス)と、医大に入れなければ親を失望させると心配しているタイプ(防御型:防御へのフォーカス)に分類できる。獲得型の学生と防御型の学生では、努力のアプローチも違えば、侵しやすい失敗のタイプも異なる。

獲得型は、称賛によってモチベーションを高め、困難に直面するとあきらめてしまいがちだ。一方、防御型は批判によってモチベーションを高め、困難に直面しても簡単にはあきらめない。獲得型の人は機会を逃すことを嫌って果敢に挑戦するが、防御型の人はミスを恐れ、確実な成功が見込めなければ行動しない。

たいていの人は獲得型と防御型のどちらかに偏っているが、状況や目標のタイプによってフォーカスが切り替わることもある。フォーカスの状態を把握し、必要に応じてアプローチを変えていく必要がある。

目標は達成できる

目標をタイプ別に攻略する

これまでさまざまなタイプの目標について見てきた。残念ながら、どんな目標にも万能な目標設定の方法はない。それぞれの目標の特性を理解し、状況に応じて適切に選ぶことが重要だ。ここでは、シーン別に最適な目標設定についてみていく。

簡単なことや得意なことをするときは、具体的な結果を重視する「証明型」が有効だ。簡単な目標は、才能や能力を周囲に示す大きなチャンスであり、高い動機付けにつながる。また報酬が絡むと、動機付けはさらに強化される。よいパフォーマンスによって報酬が得られると感じると、意欲と集中力が高まり、パフォーマンスは向上する。

達成によって得られるものに注目する「獲得型」の目標も有効だ。タスクが簡単にこなせるとわかると、自信が生まれ、成功の見込みを楽観的に考えるようになる。獲得型の目標では、この楽観的な見込みが動機付けを高める。得られるものを具体的にイメージし、目標に結びつけよう。

着手しなければと思いつつも意欲が湧かないときは、「なぜ」を考えるとよい。目標を達成しなければならない理由を考えることで、目の前の小さな行動に取り組みやすくなる。たとえば定期的にエクササイズをしたいなら、「健康的で魅力的になる」と考えてみるとよい。「防御型」の思考によって、失敗した場合に失うものをイメージするのも有効だ。

初めての子育てや未経験の仕事など、難しいことに挑戦するときは、必ずといってよいほど壁にぶつかるものだ。そんなときは、「何」の思考で目標を具体的に設定し、次にやるべきことにだけ集中することで、着実に前に進みやすくなる。

長期的な成長や改善を重視する「習得型」のアプローチも有効だ。目先の結果にとらわれることなく、失敗から学べるようになる。

誘惑に負けそうなときは、目標を達成したい理由を「なぜ」の思考で思い出そう。大きな絵の中で目の前の行動を捉えれば、誘惑に負けないですむ。ミルクシェイクを飲みたくなったら、それを我慢することで得られる健康や魅力的な身体を思い浮かべるようにするのだ。

また、失うものにフォーカスする「防御型」の思考をもてば、誘惑はむしろモチベーションを高める材料にすらなる。防御型思考では、おいしそうなデザートの山は、砂糖やチョコレートでコーティングされた手榴弾のように危険なものに見えるはずだ。

目の前の仕事をとにかく早く終わらせなければならないときは、得られるものを意識する「獲得型」でリスクを恐れずに迅速に行動しよう。一方、正確さが求められるときは、失敗によって失うものに注目する「防御型」の目標がよい。時間がかかっても、注意深く進めることができるだろう。

一読のすすめ

本書は、目標と動機付けの研究をライフワークにしている著者が、誰でも取り入れられる手軽さと裏付けされた効果を両立した目標達成のための戦略を指南するものだ。

本書では、要約ではご紹介しきれなかった、他の人の動機付けを高めるコツや楽観的思考が有効な場面とそうでない場面、あきらめるか粘るかを判断する方法などについても言及されている。自分の目標を達成したい方のみならず、誰かのやる気を引き出したいという方にも役立つこと請け合いだ。本書を読めば、目標達成に関する多角的な視点が得られるはずだ。