戦略読書 これは読んで損しない

【必読ポイント!】戦略読書


人は「読むもの」からできている


読書が大好きな著者・三谷宏治氏は、子どもの頃から多くの本に親しんできた。SFや科学書、日本童話集を読み漁り、大学浪人時代以降は手当たり次第に乱読した。その頃は、ストーリーや新しい知識にただ浸っていれば満足だった。しかし大人になってから、読書には「戦略」が必要だと思うようになった。

きっかけは社会人2年目のある日、職場ではじめて人と意見が被ったことだ。同僚と同時に、「◯◯って××だよね」と同じことを口にしてしまったのだ。「他人と同じこと」しか言えない経営コンサルタントに存在意義はない。著者は、自分のあまりのつまらなさにショックを受けた。

その原因は1年半前から、人と同じものを読み続けていたことにあった。新卒の若手コンサルタントであった著者は、自らの弱点を埋めるために必死で本を読んでいた。城山三郎などのサラリーマン小説を100冊、ビジネス基礎本を100冊以上。雑誌もビジネス系ばかりを、月に何誌も読んだ。そんな生活を1年半も続けていたから、人と同じ反応しかできない凡庸なコンサルタントになってしまったのである。

人の体が食べるものからできているように、人の精神は読むものからできている。著者は以後、楽しむための読書・ビジネスのための読書から、自分の独自性をつくるための読書にシフトさせていった。自分を自分であり続けさせるための読書、それが戦略的な読書(戦略読書)なのである。

差別化のための戦略読書

イノベーティブな商品・サービスも、いつかは競合に追いつかれ、コモディティ(誰でも安くつくれるもの)になっていく。そうなると価値は下がり、いつでも他社品に取り替えられてしまう。しかし商品自体がコモディティになっても、自社にオリジナリティがあれば話は別だ。

『僕は君たちに武器を配りたい』の著者である瀧本哲史氏は、人材のスペシャリティ(独自の価値ある存在)を次の6つに分けた。(1)トレーダー(営業)、(2)エキスパート(専門家)、(3)マーケター、(4)イノベーター(起業家)、(5)リーダー、(6)インベスター(投資家)。そしてこれからは(3)〜(6)、特に「業界の裏を読める」(6)の力を持て、と説いた。そのためには、自分を少しだけ取り換え困難で、価値ある存在に高めていかなければならない。

「戦略読書」とは、自らをコモディティにしないための読書法だ。「何を」「いつ」「どう」読むかを工夫すれば、自身のオリジナリティを育て、情報収集や知識会得の時間効率を上げることができる。そうすることで、「複雑で困難に満ちた」世の中において、新しいものを見出す視座を手にするのである。

読書による自己改造計画


読書の効用とは何だろう。新しい腹筋をつくり上げるために最低2カ月間、38万円がかかるとする。では新しい頭脳をつくり上げるには? 「丸2年間」でなんとかなる、というのが著者の見解である。つまり2年あれば、自己改造が可能ということだ。

2年で読む200冊が、その自己改造を実現する。かかる金額はまちまちだが、全部新刊を買っても20万円足らずだろう。もちろん時間はもっとかかる。本の厚みやスピードにもよるが、1冊平均4時間として、全部で800時間だ。だが通勤や通学でのスマートフォンの時間を、朝夕30分ずつ読書に充てるだけで、年500時間は捻出できる。あとはランチタイムに10分、寝る前に15分の読書を毎日続ければ、もう300時間強が生み出せるはずだ。

「戦略読書」は、しなやかで強靭なキャリア(人生)をもたらす。ここからは、「戦略読書」の具体的なメソッドを紹介する。

「動的」な読書をする


読書ポートフォリオ・マトリクス(RPM)

経営戦略とは、「その企業が持つ経営資源を、どの事業にどれだけ振り分けるかを決めること」である。この配分は、事業の状況や時期、時間とともに変わっていく。読書も同じだ。社会人1年目と2年目の資源配分は異なって当然である。動的で段階的な読書こそが、ムダのない大きなリターンを生む。

まず、読書における資源配分の枠組み「読書ポートフォリオ・マトリクス(RPM)」を作成する。2×2のシンプルなマトリクスをつくり、読む本や雑誌のタイプを4つに分ける。横軸は「ビジネス度」で、ビジネス系(左)と非ビジネス系(右)に分ける。ここでのビジネスとは「現状、仕事としている分野」であり、将来の仕事(願望)は非ビジネスとする。縦軸は「基礎度」で、基礎(下)と応用・新奇(上)だ。この4象限の各コマを、左下:ビジネス基礎、左上:ビジネス応用、右下:非ビジネス基礎、右上:非ビジネス新奇と名付ける。

RPMは、各読書タイプへの「基本読書方針」と「基本資源配分」を与えるものだと心得よう。

本をセグメントに分ける


RPMにおける4コマを個別に解説する。

(1)ビジネス基礎(左下)――仕事を支えるカメ

この領域は、いま関わっている仕事の基礎を固めるためのものだ。経営コンサルタントであれば、経営戦略やマーケディング、営業・販売、サービス、物流、会計、人事などが該当する。テーマごとに1〜2冊、古典的大著を熟読し内容を理解する。時間はかかっても構わない。

(2)ビジネス応用(左上)――仕事界を飛びはねるウサギ

ここでは『全史』ものや論文、応用本など、主要テーマごとに10冊程度を斜め読みする。このとき重要なのは、ファクト(事実)に注目し、その収集に努めることだ。1冊あたりの資源配分は、最初に見極める。データ収集系は1〜2時間、戦略論や思考法などのフレームワーク本は、本気で取り組めるものだけを厳選する。

(3)非ビジネス基礎(右下)――自然と人間界を翔るリュウ

この領域には、いま関わっているビジネスから離れた分野の本が該当する。基本的には、自然やヒトの本質を描くものであれば、ノンフィクション、小説、マンガなど何でもOKだ。自身が楽しめるものをどんどん読めばいいし、1冊の配分も自由である。

(4)非ビジネス新奇(右上)――新しい世界へ誘うトリ

この領域におけるポイントは、「新規」ではなく「新奇」ということだ。自分にとって「目新しく珍しい」本を、あえて月1冊は読む。いつもなら読まないもの、はじめて見聞きするもの、書店で偶然目に留まったもの、流行りもの、誰かのおすすめや書評に掲載されていたものなどを選ぼう。

キャリアステージ別の読書方針&資源配分

読書戦略を考えるうえでは、「時間」のあり方も考慮すべきだ。私たちを取り巻く状況は、時間とともに大きく移り変わる。読書戦略は、1年単位で見直していかなければならない。

(1)第1期(社会人▲(マイナス)1〜1年目)

学生時代の「社会人▲1年目」は、最後の「ムダができる時期」である。効率を考えず、大作や古典・名著をゆっくりと読む。就職後の1年目は、仕事の基礎となるビジネス系の書籍を、年間100冊読むことをめざす。自分で考える癖をつけて、数年後「便利な作業者」にならないように備えることが目的だ。

(2)第2期(社会人2〜4年目)

ここではビジネス系応用を強化し、いまの仕事に関わりそうな本を自分で選ぶ。非ビジネス系の書籍では、「自分の強みを取り戻す」「視野を広げる」を目的に、コモディティ化からの脱却をめざす。ビジネス系と非ビジネス系を1対1の比率で読むことが望ましい。読書量は年間100冊を維持する。

(3)第3期(社会人5〜10年目)

非ビジネス系新奇を月1〜2冊読み、自由な発想を獲得する時期だ。新しい言葉と論理を鍛えるため、リベラルアーツ(教養)を取り入れる。手始めとしては、東大教養学部編集の『高校生のための東大授業ライブ』シリーズなどが最適であろう。

(4)第4期(キャリアチェンジ準備期)

次の希望職種・業種のビジネス系を中心に、1〜2年かけて年間100冊読む。中途半端にならないよう、思い切って現在のビジネス系は捨てる。基礎本10冊と、関連の応用90冊から入る。読むべき本を選ぶ際は、希望職種にいる知人・友人のおすすめを聞くのもよい。

読め方と読み方


「読め方」で差をつける


同じ文章でも、そこから何が読み取れるかは人によって大きく違う。本や雑誌を人の2倍読むことは容易ではない。しかし、ある1冊から面白い点を、人の5倍見つけることは可能だ。だとしたら最後に大きな差を生むのは、読む量や読み方ではなく「読め方」だろう。

雑誌記事を例にしよう。まず、その記事を自分の知識フィールドの中で位置付ける。記事に入り込んでしまう前に、客観視するのだ。そのためには過去記事との「対比」が役に立つ。対比をすることで、称賛・批判記事に流されることのない、客観的・中立的な視点を保てる。

次に、「反常識」を見つける。記事の中に、これまでの常識を覆すような大きな変化・変革を探す。さらには記事に出てくる「数字」にも着目する。売上高、コスト、シェアの割合など、数字がいくつか出てきたら、足し算・引き算、割り算をしてみよう。すると矛盾や本質が見えてくることもある。

自分が疑問に思ったことは、「一段深く」考えて調べよう。いまはスマートフォンで検索したら、大概のことはわかる。その件について知っていそうな人に、質問するのもいいだろう。

最後に、得られた知識を少し「抽象化」して考える。記事に出てきた事例や情報をそのまま記憶するのではなく、それらを統合して抽象化する。たとえば「YKKのファスナー金額シェア40%」というデータがあれば、それを抽象化して「グローバル市場の半分近くを占める日系企業の例」と言い換えてみる。

「読み方」の技法

本を情報源として役立てるためには、「きれいに」読み通してはいけない。線を引き、ページの耳を折り、読む順番を工夫するという、読み方の技法を使うべきである。

まず、読んでいて「ここぞ」と思ったところに線を引く。そうすれば、あとで読み返すときに読むべき場所がわかる。使うのは鉛筆でもボールペンでも構わない。ただし1ページにつき、1〜2箇所くらいがいい。

次に、いい情報を見つけたら耳(上カド)を折る。基本的には線を引いたページの耳を折ることになる。もし耳を折ったページが多くなりすぎたら、特に重要な数ページのみ、もう1回耳を折る。そのときは、上カドではなく下カドにする。これでベスト・オブ・ベストページが一目瞭然だ。

最後に、読む順序である。文芸書はかならず「前から順に」、作者の意図に身を委ねて読む。しかしビジネス書の場合、読む順序は自由だ。前章の知識がないと意味不明になるものもあるかもしれないが、それは目次を見ればわかる。著者の場合は、まず序章から読み始める。序章にすべてが凝縮されているからだ。序章を読めば、自分がこの本を読むべきか・読みたいかがわかる。あとは、どこから読むかは目次と相談である。とにかく序章は読み飛ばさず、しっかりと読み込もう。


一読のすすめ

要約して気づいたが、本書のエッセンスはすべて序章に詰め込まれている。なるほど、著者は自ら提唱している「読み方のメソッド」を体現していたわけだ。さすがである。

本書の特にすばらしいところは、キャリアに還元させる「戦略としての読書」と、人生をふくよかにする「体験としての読書」の双方が、バランス良く盛り込まれている点にある。その根底には、著者の限りない読書愛と、豊富な読書体験がある。

巻末の519冊のブックガイドも、セグメント別の並びになっていてわかりやすい。ぜひ本書を手にとって、「自分をつくる200冊」の参考にしてみてほしい。たしかな読書の指針となる好著である。