セックスレスの予防法

他人事だと思っていた事が、いつの間にか自分にも降りかかってくる、、、そんな経験ありますよね。

「自分はセックスレスではないが、この先家事・育児によってなり得るかもしれない。」

「以前よりもセックスの周期が遅くなってきているので不安がある。」

今回はこのような方々、特に女性のお悩みを解決するために、具体的なセックスレス予防法をお伝えしていきます。

トレのすすめ

まず最初におすすめするのは、膣トレです。

好みもあるかもしれませんが、大抵の男性は締めつけがキツイ方が好きです。

これは僕が男性だからこそ感じていることです。

近年、あまりにも強い刺激(床オナ等)を与え過ぎて性機能障害になってしまう男性が多くなっているという調査がありますが、男性はそれだけ強い刺激を求めているということです。

また、コンドームをつけてセックスする場合であればこの膣トレはさらに有効です。

なぜなら、男性はコンドームをしていることによって少し窮屈さがあり、感じにくくなっているからです。

この膣トレにより、挿入時に「自分の手より気持ち良い」と思わせることができればしめたもの。

セックスレス予防法として1番に考えられる方法です。

身体のケアを怠らず、磨いていく

女性の魅力を常に磨いていくことは非常に大切だと思います。

特に男性目線で気になるポイントは、ムダ毛処理、肌のお手入れの2点です。

やはりセックス前やセックス中にこの2点は気になってしまいます。

これらを行っていない場合、男性は萎えてしまう確率が高いです。

確かに今はコロナの影響もあり、なかなかサロンに行けないかもしれません。

しかし、自宅にいる時間が多くなったとしても、ご自身のできる範囲で身体のケアを行ってほしいというのが男性の意見です。

習慣にして頂くことで、セックスレス予防につながるはずです。

家の中でもメイクをする

これは難易度が高い方法ですが、男性にとって大事な問題だ、ということをお伝えします。

人は見た目によらないという言葉がありますが、セックスにおいて見た目は重要です。

例えば、初めてデートに行った時のことを思い出してみましょう。

彼との充実した時間を過ごすために、メイクや服装、身体のケアに気を使ったのではないでしょうか。

あの時の新鮮な気持ちが、セックスレス予防につながるということです。

さすがに毎日は難しいと思いますので、まずはセックスをしたいと思った日だけでもメイクしてみることをおすすめします。

男性にとっては女性の意図を判断するサインになりますし、男性は理論的に理解したい人が多いですから、分かりやす過ぎるくらいの方が良いと思います。

男性に精力剤を勧める

分かりやすい事が好きな男性にとって、この方法は意外と効果があります。

直球過ぎるくらい直球ですが、精力剤をおすすめすることによって確実に女性の気持ちを伝えることができます。

「これ(精力剤)、飲んでみない?」と聞いてみると男性はセックスのことを連想します。

あくまでセックスレスの予防ですから、精力剤の力を借りて雰囲気を変えてセックスをしたい、という意図を伝えても良いと思います。

また同時に、女性もラブグッズを使ってみるのが良いと思います。

いつもと違う雰囲気のセックスになり新鮮ですし、2人で充実した時間を過ごせます。

「私もこれ(ラブグッズ)を使ってみたい」ということを男性に伝えられると完璧です。

何しろ男性は分かりやすいことが好きです。

ぜひ挑戦してみて下さい。

言葉使いに注意する

言葉使いがセックスレスの予防に大きく貢献します。

例えば男性に、「セックスが下手」、「イクのが早い」等の文句を言うとどうなるでしょう。

これらは非常に危険な言葉で、男性が自分のセックスに対して自信をなくしてしまうだけでなく、そんな状態で仮にセックスをしたとしても女性からの「してあげた」という上から目線感を感じてしまうのです。

しかし、男性はそれを口に出して言いません。

なぜなら男性はプライドが高い生き物で、それを言ってしまったら自分のセックスが下手だと認めてしまうからです。

こうして2人の間にどんどん溝ができていき、男性はセックスに文句をつけてくる女性よりも、何も言わない別の女性を選ぶようになってしまいます。

セックスレスになってしまった時のルールを明確にする

これはプレッシャーや喧嘩になりやすいので一概にはおすすめできませんが、情報としてお伝えします。

目的はセックスレスを予防することですから、あらかじめセックスレスになったときの条件を話しておくということです。

具体的には、「セックスレスになったら別れる、離婚する、浮気する」ということを男性に伝えます。

こうすることで、男性がセックスについて考えてくれるきっかけになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

セックスレスになってしまった場合一番辛いのは、「したい」と思っている側です。

「したい」のに「できない」。この状況はなかなかすぐに覆すことができません。

セックスレスは予防できます。

しかしそれは、ご自身の努力による部分も大きいです。

もしもパートナーとのセックスを長期に渡って望むのであれば、いつまでもセックスできる関係でいるために、この6つのことを意識してほしいと思います。