鬼滅の刃 204話 ネタバレ

炭治郎が人間に戻れた2つの要因

最後の戦いを終えた3ヶ月後、蝶屋敷で炭治郎と禰豆子が会話しているところから始まった。

禰豆子は元気にしているが、炭治郎は左腕の肘から下が全く感覚がなくなり、右目は失明してしまった。

しかしなぜ、炭治郎は鬼から人間に戻れたのだろうか。

それは2人の会話から明らかになった。

1つは、カナヲが炭治郎に注入した忍の薬の効果。2つ目は鬼になった後、初めに噛んだのが禰豆子だったことだと言う。

禰豆子は無惨の細胞に対して免疫があり、噛んだ炭治郎にも禰豆子の免疫が移って無惨を追い出したということである。

最後の柱合会議

ちょうどその頃、お館様のお屋敷では最後の柱合会議が行われていた。

生き残った柱は風柱 実弥と水柱 義勇の2人だけだった。

鬼殺隊の目的は鬼を滅ぼすこと。

それが叶った今、鬼殺隊の存在意義は無くなったのだ。

鬼殺隊は今日で解散する

輝利哉は柱に感謝を伝えるため、土下座をする。

その姿に実弥はこう答える。

礼など必要御座いません
鬼殺隊が鬼殺隊で在れたのは
産屋敷家の尽力が第一

義勇も続く。

輝利哉様が立派に務めを果たされたこと
御父上含め産屋敷家御先祖の皆様も
誇りに思っておられることでしょう

その言葉に思わず涙を流す輝利哉だった。

伊之助とアオイ

話は炭治郎の病室に戻る。

音柱を引退した天元とその家族、亡くなった炎柱 杏寿郎の家族らが挨拶に来たりと、病室は落ち着かない様子。

寝すぎてお腹が空いた伊之助は、病室を抜け出し調理場へ向かう。

料理を作るアオイに見つからないように音を立てずに盗み食いする伊之助だったが、すぐに気づかれてしまう。

しかしアオイは、伊之助にこのように話しかける。

お腹すいたらこっち食べて

このお盆に乗ってるものはあなた専用ね
これだけはいつでも食べていいから

治郎とカナヲ

病室を抜け出した炭治郎は、カナヲがいる桜の木の下に向かった。

満開に咲くその桜は初代 花の呼吸の剣士が植えた歴史あるもので「必勝」という名前がついていると言う。

カナヲは桜に向かってこう呟く。

叶ったよって教えてあげたい

それを聞いた炭治郎は、心の中でカナヲのことを「やさしい」と褒めるのだった。

炭治郎は自分がつけたカナヲの傷を心配するが、カナヲは大丈夫と伝え、視力も全て失ったわけではないことが分かり、安心している。

目が不自由になったカナヲの助けとなるように実弥が蛇柱の相棒 へびの鏑丸を譲ってくれたことも明らかになった。

禰豆子と実弥

私 寝るの好きです

満面の笑みでそう言う禰豆子の姿が、弟 玄弥と重なって見えた実弥

実弥はそっと禰豆子の頭と頬を撫でて去っていった。

はあ?
何してんのアイツ
はああ?
はぁーーーー!?

突然の出来事に赤面してソワソワする禰豆子を盗み見していた善逸は、そう言って怒っていたのであった。

炭治郎、家へ

炭治郎たちはこれまでの戦いで亡くなった者達に花を添えるため、墓参りに向かう。

墓参りを終え故郷に戻ってきた4人は、鬼に殺された家族が眠る地面へ向かって手を合わせて冥福を祈った。

その後は全員で大掃除をした。

釜風呂へ入り美味しいご飯を食べ、笑って過ごしたのだった。

そして時は流れ、現代へ。

平和な世界になった後、炭治郎たちは果たして、、、?